美容整形外科で理想の二重に。切開法でも切らない方法でもOK

altを入れて下さい
  • 憧れの二重に
  • 二重になることのメリット
  • アイプチを卒業
  • 切開法の種類

アイプチを卒業

セフレ

一重まぶたの人が二重まぶたになる方法の1つに、アイプチがあります。
アイプチとは、まぶたに塗って二重を形成する化粧品のことで、糊状のものやテープ状のものがあります。
整形手術をする必要なく、お化粧ついでに手軽にできるので、若い女性を中心に多くの人に愛用されています。

ですが、アイプチという方法を使い続けることは、肌にとってあまり良いとは言えません。
顔の皮膚は、とても薄くてデリケートです。そこに、糊やテープを何度も貼ったり剥がしたりを繰り返しては、皮膚に負担がかかるのは当然でしょう。体質にもよりますが、皮膚がかぶれたり炎症を起こしたりすることも珍しくありません。
それでも継続していると、まぶたの皮膚が厚く固くなってしまうことがあります。パッチリした綺麗な目になるつもりが、反対に、かえって腫れぼったい目になってしまいかねません。

美容整形外科で二重形成手術を受ければ、アイプチとサヨナラすることができます。
しかも、アイプチよりずっと自然で綺麗な二重まぶたになることができるのです。もちろん、アイプチのように一時的なものではなく、基本的には永久に二重まぶたを維持することができます。
中には、まぶたにメスを入れることに抵抗を感じる人もいることでしょう。ですが、美容整形外科では、メスで切らない二重形成方法があります。
それは「埋没法」という施術で、糸でまぶたの裏の皮膚を留め付けることによって二重をつくる方法です。
メスで切らないので術後の腫れや痛みもほとんどなく、日常生活に支障が出ないことも、埋没法の魅力の1つです。また、糸で留めてあるだけなので、糸を抜けば元のまぶたに戻すことも可能です。埋没法ならやり直しもしやすいので、安心して受けることができるでしょう。
ただし、埋没法は、切開法ほど永久的に二重が持続するとは限らない方法です。まぶたの皮膚の厚みによっては、時間が経つに連れ薄れてくる場合があります。また、埋没法の場合、目をこすりすぎたりしても二重が取れやすくなってしまいます。

美容整形外科には、さまざまな二重形成法があります。そのため、自分に合った施術方法を、きっと見つけることができるでしょう。
アイプチや手の込んだアイメイクから卒業したい人は、ぜひ、美容整形外科で理想の二重を手に入れることをオススメします。